中古車の走行距離の目安は

中古車は、車種、年式、車体の色、走行距離などによって買取価格や販売価格決まってきます。

この中で、中古車の価格を決める大事な要素となっているのが「走行距離」です。

走行距離が多すぎる車は買取価格や販売価格が安くなります。逆に、走行距離が少ない車は買取価格や販売価格が高くなります。

走行距離の目安は1年1万キロ

走行距離の目安は、1年1万キロと言われています。軽自動車の場合は、1年7千キロと解説されていることもあります。

軽自動車の場合は、耐久性で普通車に劣ると言われていますので、年間7千キロは妥当なところなのかも知れません。

ポイント
仮に、年間1万キロ走るとすると、5年で5万キロ、10年で10万キロ程度の走行距離が目安となり、査定の時に、この走行距離よりも多い場合はマイナス査定、少なければプラス査定になる可能性が高くなります。

たとえば、3年で2万キロ程度しか走っていなければ、査定のときに走行距離は少ないと評価され、査定でも良い評価がつく可能性があります。

ただし、ただ走行距離が少なければ良いというものでもなく、年式のわりに極端に走行距離が少なければ、マイナスの評価となる場合もありますので、気をつけなければなりません。

5年も乗っているのに1万キロしか走っていないのであれば、普段は放置されていて、定期点検などのメンテナンスもされていない車という評価になってしまいます。

注意
5年で1万キロなら、1年で2千キロで1ヶ月で166キロくらいしか動いていない車ですから、エンジンやミッション、電装系などの調子が悪くなっている可能性があります。エンジンやミッションなどは、動かしていなければ調子が悪くなり故障の原因となりますので、こういう低走行の車は評価が低くなるのです。

走行距離が10万キロを超えている車

走行距離が10万キロを超えている車の買取額や販売価格は安くなります。

10万キロを超えている中古車は、ユーザーに敬遠されるため、なかなか新しい買い手がつかないからです。

ポイント
しかし、10万キロを超えていることを気にするのは日本人くらいのものだそうで、海外では10万キロどころか20万キロ、30万キロを超えた車が普通に乗られていますので、10万キロオーバーをあまり気にすることは無いのかも知れません。

逆に、10万キロを超えた車に的を絞って探してみると、程度の良い車に出会えるかも知れません。価格が安くて車の状態が良いのであれば、高いお金を出して10万キロ以下の車を買うよりも経済的です。

前のオーナーが定期点検などのメンテナンスをしっかりしている車であれば、買ってから何年も調子よく動いてくれる可能性が高くなりますから、お買い得というものです。

走行距離が短くてもメンテナンスの行き届いていない車より、10万キロを超えていてもしっかりメンテナンスをしている車の方が、よほど長持ちしますので、中古車を選ぶ際には、10万キロオーバーの車も検討してみると良いでしょう。