中古車はオートオークションで売買される

中古車のオートオークションでは、全国各地で下取された車や買取された車が売買されます。

全国に多数のオークション会場があり、ほぼ毎週のようにオートオークションが開催され、数万台もの車が売買されています。

オートオークションとして最も有名なのはUSSオークションで、市場シェアは30%を超えるほどの規模があるそうです。

USSオークション

全国の新車ディーラーで下取された車、中古車販売店で買取や下取された車、中古車買取店で買取された車が、USSオークションの衛星端末やインターネット回線などを通じて売買され、USSオークション・グループだけで年間を通して2百万台以上の中古車が流通しているそうです。

その場に行かなくてもオークションに参加できるシステムが構築されていますので、今やオートオークション抜きで中古車の流通を語ることはできないほどになっています。

オートオークションではいろいろな車が売買されている

オートオークションでは普通の中古車の他にも、事故車や水没車など問題のある車も出品されています。

これらの車は問題を抱えた車ということになりますので、通常の中古車相場よりも安い価格で取引されています。たとえば、事故車は中古車販売店で普通に売られていますが、同じ車種、年式、グレード、走行距離でも、価格はかなり安くなっています。

つまり、事故車などは一般のオークション相場よりも安い価格で取引されるので、その価格に販売店の儲けや経費などを乗せても、それほど高い価格とはならないのです。

参考オークション相場を調べる

ポイント
また、オークションでは新車や未使用車(新古車)なども取引されています。通常の販売価格よりも、オークションで売買される価格は低くなりますので、一般人でもオークションに参加できれば、これらの車を安く買うことができるのですが、どうもそれは難しいようです。

オートオークションは、車関係の業者主体の会員制となっていますので、一般人が直接オークションに参加することはできません。

古物商の許可証を1年以上所有していることや、車の販売や買取などの営業活動を行っていることが会員になるための条件となっていますので、一般の人が気軽に参加するようなことはできないのです。

一般の人がオークションで車を売買したい場合

  1. 車関係の知合いに依頼する
  2. オークション代行を利用する

知合いや友人が車の販売店やディーラーなどに勤めていれば、その人に依頼して目当ての車を落札してもらうという方法があります。運よく車屋さんの知合いがいれば、これが一番良い方法かも知れません。

しかし、そういう知合いもいないという場合は、オークション代行を利用するという方法があります。

オークション代行は文字通り、自分の代わりにオークションに参加して希望の車を落札してくれるサービスです。「オークション代行+地名」などで検索すれば、近場の代行業者を見つけることができますので、利用しても良いかも知れません。

注意
ただし、オークション代行を利用したからといって、必ず落札できるとは限りません。落札できなくても、代行手数料などはかかってしまいますから、オークション代行を利用する場合には気をつけなければいけない部分です。

すんなり落札できれば、通常の中古車販売店などで買うよりも2割前後も安い価格で購入することが可能ですが、「落札できない場合もある」「代行手数料がかかる」などのデメリットもありますので、十分検討してから利用するかどうか決めると良いでしょう。