車の内装をチェックでとわかる「臭い・ハンドル・シートなど」

車選び

中古車を買う時は外装ばかりに目が行きがちですが、本当にその車の程度が良いかどうかは内装をチェックしてみるとわかります。

外装(ボディの塗装など)に関しては、後から直せますので、ボディの外観であれば、塗装をし直す前の状態がどういう状態であったかはわかりません。しかし、内装の場合は、そう簡単に後から直せるものではないので、その車の良し悪しをほぼ知ることができるのです。

ですから、その車の本当の程度を知りたいのであれば、まず内装(臭い、ハンドルのテカリ、シートのヘタリ具合など)を十分にチェックすることをオススメします。

変な臭いのする車はやめておくのが無難

車のドアを開けてまず気をつけたいのが、臭いです。

タバコやペット、香水などのキツイ臭いがする場合は要注意です。もちろん、その臭いが気にならないのであれば、その車を選んでも良いのでしょうが、自分だけではなく、他人も乗せるのであれば、その車はやめておいた方が無難だと思います。

ポイント
タバコなどの臭いは、車の内装に染み込んでいますので、そう簡単に除去することはできません。臭いの程度が軽いものであれば、消臭剤などで消せる場合もありますが、臭いを消すためには労力が必要になりますので、こういう車はやめておくというのが基本です。

臭いのキツイ車は、中古車としての査定も悪くなりますので、自分の車には変な臭いをつけないように気をつけねばなりません。

また、臭いということで言えば、一度エンジンをかけてエアコンを付けてみることも大事です。

注意
エアコンをつけてみて、カビ臭い臭いなどがすれば、この臭いを取り除くのは至難の業なので気をつけてください。いくら、安く売っていたとしても、エアコンを修理しなければならないのであれば、多額の費用が必要となりますので、結局は高い買い物になってしまいます。

シートのヘタリや汚れもチェック

次に、シートもじっくり観察してください。

シートにヘタリがきていたり、なんか全体にうす汚れて染みだらけという場合は、あまり大切に乗っていなかったという証拠になりますから、これも気を付ける必要があります。

ポイント
シートがヘタっている車は、乗っていても疲れるだけですので、できるだけ選ばないように心がけると良いでしょう。逆に言えば、シートがキレイでヘタリも少ない車は、程度の良い車となりますので、中古車を選ぶ際の大事なポイントになります。

ハンドルのテカリにも気をつけて

ハンドルの種類は、革まきハンドル、樹脂製ハンドルなどの種類がありますが、このどちらの場合でも、妙にハンドルがテカテカと光っている場合は、要注意です。また、随分とくたびれた感じがする場合も要注意です。

テカテカと光る原因は、手の平との摩擦と手の平の油分によるものです。つまり、ハンドルを必要以上に切って運転するような場合は、手の平との摩擦などにより、妙にピカピカになってしまいます。

ポイント
こういう車の場合は、ハンドルだけに限らず、いろいろな部分がくたびれている可能性が高くなるので、オススメできる車ではありません。また、ハンドルだけがテカテカ光っていると、見た目にも良くはありません。

その他の内装にも目配りする

エアコン、オーディオ、パワーウィンドウなどのスイッチ類もチェックしておくと良いでしょう。使い方の荒い人の車は、これらのパーツもくたびれていますので、要注意です。

また、ドアについても、全部のドアを開け閉めしてみると良いでしょう。左右で開き具合や閉まり具合が違っていたり、どれかのドアが重かったり軽かったりする場合は、車体に何らかの不具合がある可能性がありますので、必ずチェックしてみてください。