環境に優しいハイブリッド車の仕組み:トヨタとホンダの違いは?

車選び

近年、車の排出する二酸化炭素(CO2)などが地球温暖化の原因となり、環境を破壊していると言われています。

さらには、ガソリン価格の上昇なども加わって、燃費や環境に対する関心が高くなってきているようで、環境に優しく燃費の良いハイブリッド車の人気が高くなっています。

ポイント
ハイブリッド車と言えば、トヨタとホンダが国内メーカーでは有名です。トヨタのプリウスやアクアは、自動車販売台数の人気ランキングでも上位に顔を出し、アクアに至っては長年に渡って首位を独占している状態です。

一方、ホンダではインサイトなどのハイブリッド車がありますが、トヨタほどの人気は無いものの好調な売上を記録しているようです。

そこで、ハイブリッド車を選ぶときの参考になるように、トヨタとホンダのハイブリッドの仕組みの違いを簡単に確認してみたいと思います。

ハイブリッド車の仕組み

ハイブリッド車は、エンジンと電気モーターの両方が備えられていて、それぞれがお互いの短所をうまくカバーするように作られています。

エンジンは内燃機関というタイプの動力で、その短所としては、車をスタート(発進)するときに、燃料であるガソリンなどを著しく多く使うということが挙げられます。これは、スタートするときには、大きなトルクが必要になるので、通常の場合よりも多く燃料を使用するためです。

これと同じように、追い越しや急加速のときにも、通常よりも大きなトルクが必要になるので、燃料を多く消費することになります。

一定の速度になってしまえば、ガソリンエンジンは極めて効率の良いエンジンなのですが、発進時や急加速時などでは、燃料の消費が激しくなるという欠点もあるのです。

こういうエンジンの欠点を補おうと開発されたのが、モーターも動力源にした「ハイブリッド車」です。

ハイブリッド車は電気モーターを積んでいるのですが、モーターの長所はスイッチを入れれば直ぐに、持っている力の100%近くを発生させることができる点です。

発進時などで大きな力が必要となる場面では、このモーターが大いに役立つことになります。そして、一定速度になりエンジンが効率よく動いているときは、バッテリーに電気を蓄えるようになっています。

トヨタのハイブリッド車の特徴

ハイブリッドには以下の方式がありますが、トヨタのハイブリッド車では3番目のスプリット方式を採用していますので、「シリーズ方式」と「パラレル方式」の両方の良さを持つハイブリッド方式となっています。
  1. シリーズ方式:エンジンを発電にのみ使用する
  2. パラレル方式:エンジンを発電と走行する動力として使用する
  3. スプリット方式:シリーズ方式とパラレル方式を統合した方式

プリウスのハイブリッド方式を例にすると、バッテリーに充電する発電機とモーターを個々に搭載しているので、発電・充電しながら走行時の動力源としても使えるシステムになっています。

ポイント
充電は使えば無くなりますので常に充電していかなければなりませんが、トヨタのハイブリッド方式では、ブレーキをかけて減速するときや、エンジン・ブレーキ時に発生したエネルギーも、電気エネルギーに変換して蓄積されます。

ホンダのハイブリッド車の特徴

ホンダのハイブリッド車は、前述の「パラレル方式」を採用しています。

パラレル方式は、発進時や加速時で燃料を多く消費する場合に、モーターでアシストしながら走行し燃費を良くするというシステムで、エンジン単体でも燃費が良いという特徴があります。

その燃費の良いエンジンに電気モーターが加わるのですから、必然的に燃費は向上していくことになります。

さらには、エンジンを回転させるフライホイールにモーターを取り付けてあるので、静粛性という点でも優れています。