自動車ローンが残っている車を買取してもらうとき

車のローンをディーラーや信販会社で組んだ場合で、かつローン残債が残っている場合は、車の所有者がディーラーや信販会社の名義となっているのが普通です。この場合は、ローンをすべて支払ってしまわなければ買取してもらうことができません。

ローンが残っている間は、その車は「所有者=ディーラーや信販会社」などの所有物ということになり、本当の意味では、まだ自分のものになっていないのです。そのため、車の所有者名義がディーラーなどとなっているです。

ポイント
銀行で自動車ローンを借りた場合のように、所有者の名義が自分の名前になっているのなら、ローンが残っていても売却・買取してもらえます。しかし、ローンが残っていて、所有者名が自分以外になっている車を買取してもらうときは、残っているローンを完済にするのが最初です。

ローンのある車を売るときは

まず、ローンが残っている車は、正確には「ディーラーや販売店」などの他人のものとなりますので、とうぜん、他人のものを勝手に売ることはできません。

売るためには、そのローンを清算して、所有者の名義を自分の名義に変更(名義変更)しなければなりません。

ポイント
そのためには、残っているローンを支払い、所有権留保の解除手続きをすることになります。解除手続きをすると、所有者名義を自分に変更することができるようになりますから、その段階で買取業者に査定をしてもらい売却することができます。

関連)>車のローンが終わったら所有権解除をしておく

次に、ローンを清算するための方法としては下記の方法がありますので、都合のよい方法で残っているローンを清算すると良いでしょう。
  1. 一括で支払い清算する
  2. クレジット会社や銀行でローンを借りる
  3. 次に買う車のローンに上乗せする

一括で清算するためには、ローン残高分の現金が必要になりますが、清算するだけの現金が用意できるのであれば、この方法が最もよい方法です。

ポイント
また、いまの車を売った代金でローンを完済するという方法もあります。この場合なら、それほど多くの現金を用意する必要はありません。買取業者に車を売り、その代金とローンの残債分を相殺するという方法です。

買取代金の方がローン残高より大きければ、ローンを清算しても手元にお金が残るので、そのお金を新しい車の頭金にしてもよいと思います。

クレジット会社などでローンを組む場合や、新しい車のローンに上乗せする場合では、どちらにしても新しいローンが発生することになりますので、しっかりと返済計画を立てたうえで、返済可能なら、これらの方法でもよいかも知れません。

なお、新しくローンを借りる場合は、すでにローンがあったり、ローンの借入金額が大きければ、審査に通らない可能性もあります。

いずれの方法をとるかは別として、ローンの残っている車を買取専門店に売る場合は、事情を説明して、どの方法が一番良いのか相談してみると良いでしょう。