残価設定ローンは得なのか

新車を購入するときに利用できる「残価設定ローン」。いまやどこのディーラーでも利用できるので、ご存知かと思います。実際に利用されている方もいることでしょう。

新車が半額程度で買えるのですから、お得感満載という感じですが、実際のところはどうなのでしょうか?

ポイント
まず、残価設定ローンは、あらかじめ設定した数年後の価格(残価)を車両価格から差し引き、残りの額に対してローンを組む方式のローンのことで、ローン終了後の3年とか5年後にディーラーに車を引き取ってもらいます。

通常の新車価格の半分程度の価格で購入することができるため、毎月のローン返済が楽になる、数年ごとに新車に乗り換えられるということで、自動車メーカーやディーラーなどではすすめているようですし、車の使い方などによっては、利用者にもメリットのあるシステムでしょう。

注意
なお、あらかじめ決めた年数になったら、「車を現金やローンを組んでで買い取る」、「車を返す」、「同じディーラーで新しく車を買う」といったような選択肢がありますので、その時の事情などを考えながら選択することができます。

車を買う時に残価設定ローンは得なの

残価設定ローンを使えば、300万円の車も150万円分のローンを支払えばよいのですから、返済額も抑えられますし、メーカーが言うようにワンランク上の車にも乗ることができるでしょう。

しかし、残価設定ローンは3年~5年後に車を返すことを前提としています(※)から、金利も普通の自動車ローンに比べると高く設定されています。3年後なり5年後に、その車を買い取ることを前提として残価設定ローンを利用するのであれば、通常の自動車ローンを組んだ方が有利になります。

※ 残価設定終了後にその車を返却し、また残価設定で車を購入してもかまいません。

また、車の乗り方にも制限などが付くことも理解しておかなければなりません。

ポイント
たとえば次のような場合は、追加で料金を請求されることがあります。

  1. 事故で修理やパーツを交換した
  2. 車の乗り方が荒く痛みが激しい
  3. 規定の走行距離以上走った

また、改造などを行う場合もあるでしょうが、この場合も、車を返すときには元の状態に戻しておかなければなりません。

つまり、期間限定でその車に乗っているという感じになるので、自分の車であって自分の車でないということになります。

ですから、3年~5年後には同じディーラーで新しく車を買うという人や、必ず車は返すと決めている人にとってはメリットはありますが、そうでない場合は、誰かの車を借りているような感覚なので、少し使いにくいかもしれません。

なお、残価設定が終了したらその車を買い取るつもりのある人は、最初から残価設定ローンを利用しないで、通常の自動車ローンを利用した方がよいと思います。