自動車にかかる税金の種類

自動車を所有する場合は、自動車税(軽自動車税)、自動車取得税、自動車重量税などの税金がかかってきます。自動車税(軽自動車税)以外は毎年課税されるものではなく、車を購入したときや、車検を受けたときに課税される税金です。

自動車税(軽自動車税)は、毎年の4月1日時点で車を所有している人に対して課税される税金で、排気量ごとに税額が決まっています。

自動車重量税は、購入時や車検の時に車の重量に応じてかかってきます。また、自動車取得税は、自動車を購入(取得)したときにかかってくる税金です。

では、順に詳しくみていきます。

自動車税(軽自動車税)

自動車税(軽自動車税)は、4月1日時点での車の所有者に排気量によって課税されます。納税期限は5月31日までとなっています。

自動車税は都道府県税のため、納税は都道府県の税事務所に納めます。軽自動車税の場合は市町村税のため、市町村に納めます。

  • 自動車税(軽自動車税)
  • 軽自動車:7,200円
  • 排気量1リットル以下:29,500円
  • 排気量1リットル超1.5リットル以下:34,500円
  • 排気量1.5リットル超2リットル以下:39,500円
  • 排気量2リットル超2.5リットル以下:45,000円
  • 排気量2.5リットル超3リットル以下:51,000円
  • 排気量3リットル超3.5リットル以下:58,000円
  • 排気量3.5リットル超4リットル以下:66,500円
  • 排気量4リットル超4.5リットル以下:76,500円
  • 排気量4.5リットル超6リットル以下:88,000円
  • 排気量6リットル超:111,000円

なお、新車登録から13年以上(ディーゼル車の場合は10年以上経過した車が対象)経過した古い車の場合は、平成27年度(納税は平成28年)から自動車税が15%程度割増となります。

関連)初度登録から13年以上経過した車は自動車税や自動車重量税が割増になる

自動車重量税

自動車重量税は、新車を購入した時や車検のときに、3年ないし2年分の税金を前払いで納めます。

自動車重量税は、車の重量に応じて課税されますが、その根拠となる車重は車検証に記載されている重量を基にして計算され、車両重量0.5トン毎に課税される税額が増加していきます。

ポイント
たとえば、エコカー減税なしの場合で、車両重量が500kg以下なら8,200円、車両重量が1,000kg以下なら16,400円という具合に増加していきます。また、初度登録から13年以上経過した車の場合は、税額が割増になります。

なお、車検が残っている中古車を購入した場合は、その車検期間中の重量税は納税済みなので、購入時に自動車重量税を負担することはありません。稀に、中古車の購入見積もりの中に、重量税の金額を載せてくる業者もいるようですが、このような業者は悪質な業者と考えて間違いないでしょう。

関連)自動車重量税は新車購入時や車検時に課税される

自動車取得税

自動車取得税の税率は、新車で購入した場合と中古車で購入した場合とでは異なります。また中古車の場合でも、新しい年式の場合と年数が経過している場合とでは異なります。

自動車取得税の税額は、車の購入金額によって決まり、取得価格が50万円以下の場合は非課税となります。

中古車の場合は、新車購入時の取得価格に経過年数に応じた残価率(自動車の経過年数から算出された掛け率)をかけて計算します。つまり、新車購入時を1.0とし、1年経過すると0.681、2年経過すると0.464という具合に残価率が下がっていきますので、取得税の額も小さくなっていきます。

関連)自動車所得税は新車や中古車の購入時にかかる税金