自動車税の未経過分!車を売る時に戻ってくるの?

自動車税の納付が済んでいる車を売却する場合は、未経過分の税金が月割り計算で還付(戻される)されます。

自動車税は、毎年の4月1日現在で車を所有している人に対して課税される税金で、車の排気量ごとに税額が決まっています。

これから1年分の自動車税を、その月の末までに一括で納税するというのが基本です。

注意
自動車税納付済みの自動車を売却する場合は、車を売った月の翌月から翌年の3月分までの自動車税が月割り計算されて還付されます。なお、軽自動車の場合は、月割り制度が導入されていないので、売却しても軽自動車税は戻ってきません。

買取店に売った場合の自動車税の扱い

買取店に車を売った場合でも、未経過分の自動車税は戻されることになりますが、通常、現金で未経過分の自動車税が戻ってくるわけではありません。

一般的には、車の査定額の中に未経過分の自動車税が含まれることになります。もちろん、車自体の査定額と還付される自動車税額は区別されて見積書などが作成されることになりますので、税金が還付されているかどうか、容易に確認はできます。

査定時の見積もりに、もし、自動車税の還付額があるにもかかわらず、そのことについての記載が無ければ、買取業者に問い合わせる必要があります。

ポイント
また、車を高く査定してもらったと思っても、その査定の中に還付金の額が含まれているのなら、還付金の額は除いた車自体の査定額で査定額が高いか安いかを比較し判断しなければなりませんので、気をつける必要があるでしょう。

還付額はどれくらい

たとえば、5月に車を売却した場合、翌月の6月から翌年の3月までの10ヶ月分の自動車税が還付されます。
ポイント
例として、自動車税が45,000円だったとして還付額を計算してみます。

45,000円÷12ヶ月×10ヶ月=37,500円
が還付金として受取れることになります(査定時の見積もりに記載されているはずです)。

なお、車を売る時期によって自動車税の扱いに気をつける必要がありますので、参考あわせて「車を売却した後に自動車税の納付書が届いた場合の対応」もご覧になると良いでしょう。

その他の税金はかえってくるの

自動車税に関しては、未経過月数に応じて戻されることは分かりましたが、その他の自動車重量税や自動車取得税に関してはどうなのでしょうか?

まず、自動車重量税は、原則として車を売却するときに戻されることはありません。ただし、その車を廃車にする場合は、「使用済自動車に係る自動車重量税の廃車還付制度」という制度に基づいて返還されることになります。

次に、自動車取得税ですが、この税金は車を購入したときに課税される税金(消費税と似た性質の税金)ですから、税金の還付金などはありません。