エンジンオイルやラジエター液が漏れているときは即修理

車から何らかの液体が漏れているときは、迷わず即刻修理にだしてください。

漏れ出している可能性のある液体には、エンジンオイル、ATフルード(ミッションオイル)、ラジエター液、ブレーキフルードなどがありますが、これらの液体であれば、危険な状態ですのでディーラーや修理工場にもち込むと良いでしょう。

漏れる可能性が高いのはエンジンオイルとラジエター液

車から漏れる可能性が高い液体は、エンジンオイルとラジエター液でしょう。

エンジンオイルは、オイル(油)ですから、手で触ってみるとドロッとしていたり、ネバネバとしていますから、直ぐに分かると思います。

ポイント
エンジンオイルが漏れているのなら、放置しないで即刻修理工場に入れてください。放置しておけば、エンジンが焼け付く原因となりますので、必ず修理しなければなりません。

また、ラジエター液はオイルではありませんが、ラジエター液には赤、青、緑などの色がついていますので、わりと分かりやすいと思います。

注意
ラジエター液は、エンジンを冷却するために必要な液体ですから、そのまま放置しないで修理する必要があります。ラジエター液が不足してくると、エンジンを冷やすことができなくなり、オーバーヒートしたり、エンジントラブルの原因となりますので要注意です。

いずれにしても、液体が漏れているようなら、早期発見・早期治療が基本ですから、時間を待たずディーラーなどで修理することをオススメします。放置しておいて自然に直るということは考えにくいですし、漏れ方が酷くなることが十分考えられますから、急いで修理してください。

発見・修理が遅れれば、車が動かなくなることもありますので、注意してください。

エアコンの水ということもある

漏れている液体が水という可能性もありますので、慌てずに、その液体が何なのか(オイル?水?色は?)を確認してください。

車から漏れ出している液体が水なのかオイルなのか、無色なのか色がついているのかは、手で触ってみるとわかります。触ってみて、漏れていた液体が水(エアコンの水)であれば、一安心です。

ポイント
エアコンをつけたときには、空気中の湿気を取り除き、取り除いた湿気を水として排出します。水の排出口はボディの下にあるのが普通ですから、エアコンをつければ車の下に水がたまります。

当然、たまった水は一定の量になれば流れだしますので、漏れている液体はエアコンからの排水ということも考えられます。

この場合は、特に心配ありませんので、何もすることはありません。

注意
しかし、オイル類やラジエター液などが漏れている場合は、車が動かなくなる前に、壊れてしまう前に修理をしなければ大変なことになってしまいますので要注意です。