エンジンは高回転まで回した方がいいのか?

よく言われていることの一つに、エンジンは高回転まで回した方が車のためには良いということがあります。

昨今はガソリンの価格も高いので、エンジンを高回転まで回すような運転をしているとガソリンなどの燃料を食いますから、経済的には良くないのですが、エンジンそのものには、ある程度の高回転をさせることも必要なのです。

ポイント
エンジンは内燃機関とも呼ばれていて、その内部でガソリンを燃やして「燃焼・爆発」を繰り返しています。そうすると、エンジン内部には燃焼などの時のスス(カーボン・デポジット)が溜まっていきます。

雪国で使うストーブでもススが溜まると、良好な燃焼をしなくなるのと同じで、エンジンも内部にススが溜まるとエンジンの出力が落ちたり、よく言われるような「回らないエンジン」となってしまいます。

では、どういうときにススが溜まるかと言えば、エンジンの回転数が低いときです。

回転数が低くなると、エンジン内部でガソリンなどの燃料と空気が混じりにくくなります。そうすると、混じりきれなかった燃料がススなどのゴミとして残っていくのです。

ですから、エンジンにススのような燃えカスを残さないためには、ある程度、エンジンを高回転まで回してやることが必要になります。

エンジンをあまり回さない場合はどうなるの

エンジンを高回転まで回すような運転をしていれば、エンジン内部の環境(ススを溜めない)を整えることには貢献しますが、一方で、冒頭でもお話したとおり、燃料の消費が激しいので燃費は悪くなます。

また、いつも勢い良く回っていれば、エンジンなどのパーツの消耗が激しくなりますから、故障などの不具合を起こす確率も高くなります。

ポイント
エンジン自体は、普通車であれば20万キロ程度までの耐久性がありますから、高回転を続けていても、そう簡単に壊れることはないでしょうが、それでも、高回転ばかり続けているエンジンの寿命は短くなるでしょう。

その点、エンジンをあまり回さない運転をしていれば、燃費は高回転で運転をしている場合と比べ良くなりますし、エンジンも長持ちすることにはなります。しかし、冒頭であげたように「スス」が溜まってしまうなどの弊害もあります。

ですから、通常の運転時は、あまりエンジンを回さず低回転で走り、たまに、勢い良く高回転までエンジンを回してやるという乗り方が、エンジンのためにも、車の耐久性のためにも、経済的にも一番良い運転の仕方ではないでしょうか。