新車を買ったときに慣らし運転は必要か?

新車を買ったら慣らし運転をしなさいと言われたものですが、最近の車でも慣らし運転は必要なのでしょうか。

機械部品で作られているものは、ある程度使い込んでからでなければスムーズに動かないものです。これは、車にとっても同じで、ある程度の慣らし期間を設けることで、各部がスムーズに動くようになるのです。

ポイント
車には、クランクシャフト、ピストン、シリンダーなど、他の部分とすべり合う面があって、これを「摺動面(しょう動面)」と言いいますが、慣らし運転をすることで、この「すべり合う面」にスムーズな「なじみ(程よくなじんでくる)」が付いていきます。

そのためにも、新車を買ったら「慣らし運転」というのは大切なことなのです。

注意
なお、慣らし運転は走行距離が1,000キロ~2,000キロ程度になるまで続けると良いと言われています。少し長いような気がしないわけでもありませんが、丁寧な運転を心がける「慣らし運転」をすることで、車が長持ちすることになりますので、実践してみてください。

慣らし運転は何処でする

できるだけ一定の速度で走っていられる場所が理想です。

一定の速度で走っていれば、エンジンの回転数は一定を保っていますので、エンジン内の燃焼も安定し水温もむやみに上ってきません。

タイヤ、トランスミッション、サスペンションなどにも適度な振動やショックが加わるだけで、車にとって大敵の無理もかかりませんから、一定速度で比較的長い距離が走れる場所が望ましくなります。

注意
わりと信号が少ない郊外に住んでいる場合は、その近所で「やさしく、できるだけ一定速度で走ってくる」と良いでしょうが、都市部に住んでいる場合は、そうはいきません。

そういう場合は、少しお金はかかりますが、高速道路を利用してみても良いかも知れません。高速道路であれば信号もありませんから、一定即速度(80キロ~100キロ程度)で走るにはうってつけの場所です。

ポイント
高速道路の場合なら、走行距離が500キロ未満までは速度80キロ走行、500キロ超1,000キロ未満までの走行ではスピード100キロを限度に、無理な追い越し・加速をしない優しい運転をすると良いでしょう。

そして、1,000キロを超えた頃に一度オイル交換をします。その後も、走行距離が2,000キロ程度までは、エンジンを勢い良く高回転まで回すような運転は控え、あくまでも優しく交通の流れに沿った運転を心がけることです。

慣らし運転のコツは、なんといっても「安定した走行」をすることなのですから、高速道路を利用しなくとも、できるだけ空いた道路を選んで実践しても良いでしょう。