初年度登録から10年超えの車は査定で値段がつかないの?

初年度登録(新車登録)から10年を超えた車は、売却のために査定を受けても値段はつかないのでしょうか?

初年度登録から10年を超えているということは、年間1万キロ走ると仮定すると、走行距離も10万キロを超えていることになります。

注意
昔は、10年超え10万キロオーバーの車は、ボロボロな車というイメージで、査定しても値段は付かず、逆に処分費用を請求されるくらいでした。

しかし、今の車は昔と違って性能も耐久性も向上していますから、10年経過していても、まだまだキレイでしっかり走る車の方が多くなっています。

事実として、中古車市場では初年度登録から10年を超えた、程度のよい車が多数販売されていますから、まだまだ需要はあるということでしょう。

初度登録から10年超えても買取査定額がつく

10年を超える車であっても、丁寧な乗り方をしている車であれば、買取査定額がつかないということは稀なことでしょう。

今の車は部品などのメンテナンスさえしっかり行っていけば、10年どころか20年経ってもしっかりと走ります。ですから、点検整備などが定期的に行われていた車であれば、査定のときに、高額査定とはいかないかもしれませんが、ある程度の金額が付くと考えて良いでしょう。

注意
今の車は、ほとんどの部品が交換不要もしくは長期間使用できるようになっているので、故障したときや、定期点検などで劣化が認められた場合にだけ交換すればよい部品ばかりとなっていますので、普段から定期的に点検整備を行うような丁寧な乗り方をしていれば、査定でゼロ円とはならないのです。

ただし、あまり人気のない(需要のない)車の場合は、査定で値段が付かないことがあるかも知れませんが、これも査定してみなければ分からないというところです。

人気の軽自動車やディーゼル車、ワゴン者などの場合なら、市場(海外も含めて)での需要もありますから、思っていたより高く買ってくれることもあります。つまり、市場での需要がある車であれば、売れる可能性の方が高くなりますので、自分の車の値段を査定してもらうと良いでしょう。

廃車同然の車でなければ、ある程度の価格で買い取ってもらうことは可能です。

ポイント
なお、廃車にするような車であっても、廃車や事故車を専門に買い取ってくれる業者がいますので、まずは、一度、査定を受けて自分の車の価値を調べてみてください。