車検が近い車は車検を受けた方が高く売れるの?

車を売却するときに、車検が間近に迫っている場合は、車検を通してから査定を受け売却した方が高く売れるのでしょうか?

車検が切れてしまった車は、査定で間違いなくマイナスとなります。一方、車検を受けたばかりで、残りの期間が2年近くある状態ならプラス査定となりますので、一般的には高く売れることになります。

では、査定を受ける前に車検を受けた方が良いのでしょう?

車検があれば査定アップも期待できるが・・・

車検を通すためには車検費用がかかりますから、この車検費用を上回るようなプラス査定は期待できません。したがって、査定額アップを狙うために車検を受けても、得をすることはないと考えてください。

普通車の場合なら安く見積もっても10万円前後、軽自動車なら6万円前後の費用が車検を受けるためには必要ですから、査定のプラスを期待して車検を通したとしても、車検代以上の高いプラス査定になることはありません。

という事で、「車検は受けずに売却」した方が良いということになります。

注意
また、車検が切れている状態でも売却することはできますが、先に話したようにマイナス査定となることを覚悟しなければなりません。さらに、車検が切れているということは、一般道を走ることができませんので、売却した車を買取店まで運搬する運送費用が発生する可能性があります。

この運送費用は、売却した人の負担となりますので、覚えておくと良いでしょう(車の売却代金から差し引かれる)。

車検が切れてしまえば、マイナス査定になったり、別途、運送費用を負担させられたりと損をしてしまいますので、車を売ろうと考えているのなら、少なくとも2~3ヶ月程度、車検が残っている状態で売却の準備に入ってください。

ポイント
これくらい車検が残っていれば、プラスの査定が付くことはありませんが、別途、車の搬送費用などを取られることもありませんから、結果として持ち出し費用を少なく抑えられることになります。

自賠責残加算は車検が3ヶ月以上残っていれば加算

車検が切れていない状態で売却する場合は、自賠責保険の解約返戻金が受取れます。ただし、直接所有者が受取るのではなく、査定額の中に「自賠責保険解約料」を点数化して盛り込まれます。

基準としては、自賠責残月数から2ヶ月を差し引いた月数の解約保険料を四捨五入し、自賠責残点数として加点されることになります。自賠責残月数が3ヶ月なら1点、2ヶ月なら0点という具合です。

実務的には、買取業者が使用する「自賠責残加算表」を基に行われますので、「残月数-2ヶ月」の計算式と一致しない場合もあります。

ポイント
たとえば、自賠責残月数が6ヶ月残っていた場合の自賠責加算点数は

  1. 普通乗用車=3点
  2. 軽自動車=2点

となります。自賠責残加算表をみる限りでは、軽自動車の方が自賠責加点は低くなるようです。