不動車でも買取してくれるの

不動車というのは、文字通り動かなくなった車のことです。事故などでエンジンが壊れたり、水没してエンジンがかからなくなったりと、動かなくなった理由はいろいろでしょうが、こうした車でも、まだ商品としての価値は残っていますので、なかには買取してくれる買取店があります。

ディーラーの場合は、よほどのことが無い限り不動車に査定額がつくことはありませんので、不動車でも買取してくれる専門店に売却するのが最も良い方法です。

一般的には、不動車の査定は限りなくゼロに近いというのが普通ですが、車を構成しているパーツは商品としての価値を持っている場合があるので、いくらかの金額が付く可能性はあります

ポイント
また、日本では動かない車を買う人はいないでしょうが、多少メンテナンスをし動くようにしたうえで、海外に持っていけば、日本車は丈夫で長持ちするので人気がありますから、買う人もいるというわけです。

海外では「日本の車というだけで人気があり買いたい人が大勢いる」と、何かのテレビ番組で取り上げていたことがありました。

事故車・水没車・廃車などの不動車は買取専門店で売却する

これと同じことは、廃車にする車にも言えることで、バンパーや窓ガラス、エンジン部品、ボディの部品などは、まだ価値があるかも知れませんから、廃車にする前に、買取専門店で査定を受けてみると良いでしょう。

つまり、事故車・廃車にする車・水没車などの不動車は、専門の買取店で査定を受ければ、ある程度の査定額が付く可能性があるということです。場合によっては、高額査定となることもありますから、動かないからと言って廃車にするのではなく、まずは、売却できるかどうか試してみると良いでしょう。

ポイント
この場合は、1社だけではなく複数の買取業者に査定してもらえば、なかには査定金額を付けてくれる業者がいると思います。また、査定を受けるときに、最寄の買取店を1件ずつ回るのではなく、ネットの「車買取一括査定サービス」を利用すれば、効率的に自分の車の価値を調べることができます。

買取業者によって欲しい車というのは違っていますから、その車を欲しいと思う業者に出会えれば、思わぬ価格をつけてくれる可能性もあります。

さらには、事故車・水没車・廃車などを専門に買い取ってくれる買取店もありますから、こういう買取店であれば動かなくなった不動車が売れる可能性はさらに高くなるでしょう。

ポイント
たとえ動かなくなった不動車だったとしても、まだその車には価値があるかも知れませんので、こうした専門の買取店で、その車の価値を査定してみるのも不動車売却のための一つの方法です。