一括査定後のメールに書かれた買取額は概算金額

インターネットを利用して車の一括査定を行うと、短時間で自分の車の査定額がメールなどで送られてくるのですが、メールに書かれている買取額は、あくまでも車買取の概算金額となりますので注意しましょう。

一括査定サイトで入力する車の情報は、メーカー名、車種、年式、走行距離などの車に関する項目と、あとは査定を受けるのですから、車の持ち主に関する項目や連絡用のメールアドレスなどを入力していきます。

入力は簡単なもので、所要時間も数分というところです。入力内容を確認して送信すれば、入力時に指定したメールアドレス宛に査定の概算金額が書かれて送り返されて来るのですが、入力した内容が少ないことでも分かると通り、ここで出される買取額は、その車種の平均的な金額となります。

ポイント
メールに書かれた買取額が、思っていたよりも高かったからといって喜ぶのはまだ早すぎます。また、逆もしかりで、安かったからといって落胆する必要もないわけです。本当の買取額は、実際に出張査定を受けてからでなければわからないのですから。

なお、一括査定を行うと、メールアドレス宛に買取額の連絡が来る場合と、電話連絡をしてくる場合とに分かれます。いろいろな一括査定サービスがありますが、メール連絡に対応しているのは限られた会社(カーセンサー)のみで、その他は電話連絡が基本となっているようです。

車を査定をするために電話連絡をしてくるのですが、電話連絡が苦手という方は「インターネットの一括査定サイトを利用したら勧誘の電話があるの?対処法は? 」も参考にしてください。

車の査定項目は多種多様

車を買取してもらう場合は、その車の査定を受けることになりますが、この査定にはいろいろな査定項目があります。

車の買取額を算出する場合は、基本になる「車種」「グレード」「年式」「走行距離」で大まかに買取額が計算され、その上に各項目を個別に査定し加・減点で評価することで、実際の買取額が算出されます。

ボディの状態や車内がキレイかどうか、エンジンの状態、タイヤの状態、オプション品の有無、カーナビやエアコンなど電装品の状態、事故の有無(修復歴の有無)などの査定項目を個々に評価しなければ、本当の査定額はわかりませので、最初にメール連絡のあった買取額は、あくまでも一応の目安としておくと良いでしょう。

同じ車種であっても、その車の状態によって査定額は大きく異なってきます。

また、車買取業者によっても査定額には大きな差が生まれてきます。実際の査定では、買取業者によって数十万円の差がでてくることも稀ではありません。