車を売った時は自動車リサイクル料が戻ってくる

車を売った時には、支払い済みの「自動車リサイクル料」が戻ってくることになります。

ご存知の通り、2005年1月から「自動車リサイクル法」が始まっており、その法律に基づき、車を廃車にするときの処分費用を車の所有者が負担することとなっています。

車は鉄やアルミなどの金属部分が大半(80%程度)を占めていますので、これらの金属部分は以前から殆どがリサイクルされていました。

注意
しかし、残り20%程度を占めるシュレッダーダスト(クルマの解体・破砕後に残るゴミ)、フロン類、エアバック類については埋め立て処分などされているのが現状でしたが、これらについても安全にリサイクルすることを、「自動車リサイクル法」で自動車メーカーや輸入業者に義務付けているのです。

そして、リサイクル法に基づき安全にリサイクルするための費用が「自動車リサイクル料」ということになり、車を購入する際に購入者が支払い、廃車になるまで「財団法人 自動車リサイクル促進センター」が預かり管理し、廃車にするときに廃車業者に支払われるという流れになります。

自動車リサイクル料の戻り

リサイクル料金は、車を購入したときに購入者が支払いますが、その車を途中で売却するような場合は、支払い済みの自動車リサイクル料金が戻されることになります。何故なら、次にその車を所有する人が、廃車にするための自動車リサイクル料を負担することになるからです。

そして、その車が廃車になる時点で所有していた人が、最終的にリサイクル料金を負担する流れとなっています。

ですから、廃車にするのでなければ、車を売るときには、自動車リサイクル料は返金されますので、買取業者の査定見積もり書に注意しておくと良いでしょう。

リサイクル料金についての記述がなければおかしいので、その場合は、買取業者に問い合わせ納得のいく説明を求めることです。

リサイクル料金の内訳

リサイクル料金は、車種、エアバッグ類の個数、エアコンの有無等により、自動車メーカーや輸入業者が個別に設定しており、普通車で6,000円~18,000円程度、軽自動車で4,000円~10,000円程度となりますが、車種によっては、これ以上の金額となることもあります。

なお、自分の車の自動車リサイクル料金を調べたい場合は、自動車リサイクル促進センターのホームページで調べることができます。

調べるためには、車検証の情報が必要になりますので、手元に用意してからにすると良いでしょう。