車を売るための方法と種類

車を売るときには、下取りに出すというのが一般的ですが、その他にも「買取店で買い取ってもらう」「中古車販売店で売る」という売却方法があります。

車を売る買取店などには、いくつかの種類があって、それは「買取専門店」と「中古車販売店」の2種類に大別されます。

それぞれにメリットやデメリットはあるのですが、車を売る側からすれば、少しでも高く買い取ってもらいと思いますので、それぞれの特徴を抑え、どこで売れば高く売れるのかを探っていきたいと思います。

ディーラーで下取りに出す

ディーラーで新車購入時の下取りに出す場合は、下取り額と値引き額の関係で実際の下取り額が分からないというケースがあります。

新車を買うときは、車両販売価格から下取り額を引き(下取りがある場合)、その上で、新車値引きをして実際の購入価格を出すのですが、この際に、値引きを調整し減らして下取り額を増やしたり、逆に、値引きを増やして下取り額を減らすなどの調整が行われることがあります。

ですから、下取りに出す車の本当の下取り額を知りたいのなら、一旦、下取り無しの値引き額を提示してもらうと良いでしょう。下取り有りのときと値引き額が違うのなら、調整が行われていたことになります。

その上で、車の一括査定サービスを使い、買取店ならどのくらいの価格で買い取ってくれるのかを調べ、買取店の買取額が提示された段階で、事情が許すのなら高い値段を付けてくれたところに売却すれば、損をすることは少なくなります。

注意
また、新車ディーラーの場合は、自分のところの車には精通しているでしょうが、他社(輸入車も含む)に弱い面もありますから、そういう意味では、高い査定額(下取り額)は付きにくくなるという欠点もあります。

買取専門店で買い取ってもらう

買取専門店(有名なところでは、ガリバー、カーセブン、アップル、ラビットなど)では、買い取った車をオートオークションに出品して売却していきます。

通常、買取専門店の場合は、中古車販売店や中古車展示場などの施設を持っていないことが多く、買い取った車は、先のオークションを介して中古車販売店などに販売されていきます。

こういった施設などを持たず経費がかからないこともあり、車を買い取る際には、高額買取が可能になります。また、オークションには全国各地から、中古車業者などが参加していますから、同じ車でも、地域によっては高く売れるということもあります。

たとえば、雪の降らない地域では、4WD車は必要でないかも知れませんが、北海道などの雪国では4WDは必須となりますから、そういう地域では、同じ車でも高く取引されることになります。

ポイント
また、通常では売れないような、事故車、水没車、冠水車、廃車などにも値段が付く可能性があります。事故車や水没車などを専門で買い取る買取店があるくらいですから、そういう車を売ろうと考えているのなら、まずは買取専門店で査定してもらうと良いでしょう。

中古車販売店に売る

中古車販売店には、メーカー系の販売店と独立系の販売店の2種類あります。前者の販売店としては、トヨタ・T-UPが有名です。

中古車販売店ということですから、中古車専門の店頭販売をしているのですが、販売だけではなく買い取りも行っています。

メーカー系の販売店で買取した車は、自社の中古車販売店で販売するという流通形態となりますが、買取をする場合は、人気車種であるとか、直ぐにでも売れそうな車、あるいは、入荷を待っているお客さんがいるといった場合は、高い査定額も期待できます。

ポイント
なお、メーカー系の場合は、今ではないようですが、他社の車の場合は厳しい査定額が出ることもあるようです(稀にだとは思いますが)。

独立系の中古車販売店の場合も、メーカー系と同様に、人気車種や、売れそうな車には高額査定も期待できるでしょう。

ただし、独立系の中古車販売店には、その店の得意分野があるようで、それを見極めた上で売却しなければ、損をしてしまうこともありますので、注意しなければばりません。

店頭に、自分が売ろうとしている車と似たような車種が数多く並んでいるようなら、その中古車販売店では、その車種の販売に力を入れていると判断できるでしょう。