車の色で買取・査定額に違いがでる

車を売るときには、車の買取・査定業者に愛車を査定してもらいますが、このときに「車の色」によって査定額が違ってきます。

人気のある色や、中古車販売店などが売りやすい色の場合は、査定額が高くなり、人気のない色の場合は、中古車となったときに売りにくいので、査定額は低くなる傾向にあります。

では、人気のある色とは、どういう色でしょうか?また、不人気な色とはどういう色なのでしょうか?

まず、人気のある色は

  1. 白系
  2. 黒系
  3. シルバー系

どの色も一般的で無難な色という感じですが、これらの色の車は高く売れます。地味な色ともいえそうですが、あまりハデな感じの色よりも飽きがこない分、長く付き合っていけるということなのかもしれません。

街中を走っている車をみても、白や黒、シルバーの車が多く走っています。これだけをみても、人気があるのだということが分かります。

つまり、白・黒・シルバー系の色を好む人が多いため、買取業者は査定額をアップしても買い取りたい車ということになります。

また、パールホワイトなどのパール系も人気があります。さらに、メタリック系の色も需要があるため、高値での買取が期待できます。

一方、車種にもよりますが不人気な色というのもあって、そういう色の車は査定額が低くなる傾向にあります。

  1. 赤系
  2. 青系
  3. 緑系
  4. 紫系

これらの色のように、どちらかといえばハデな感じのする色は好まれない傾向にあるようで、査定では良い評価とはなりません。街中であまり見かけないことからも、あまり人気のない色と言えそうです。

ただし、その車種のイメージカラーとなっているような場合は、この限りではありません。一般的な傾向として、これらのように「明るい色系」の車は、中古車となった場合に、買い手が付きにくいことから、買取査定のときも査定額は低くなりがちです。

クルマは乗りたい色を選ぶとよい

車を売るときの査定では、白・黒・シルバー系などの無難な色の方が高値が付きますが、そのことのために色を選ぶというのも、せっかく車を買うのに楽しみが半減してしまうような気がします。

車の色に特にこだわりがなく、なんでも良いというのなら、売りやすい色を選んでおくとよいと思いますが、そうでなければ、やはり「自分の好きな色」の車を選ぶというのが本筋ではないかと思います。

ポイント
選んだ色がよほど奇抜な色でもない限り、買取店がそのことを理由に買取を拒否するようなことはありませんので、多少査定額は落ちるかもしれませんが、自分がほんとうに「乗りたい色」「好きな色」を選ぶと良いでしょう。