事故車や水没車を廃車にする前に査定を受けてみる

事故車や水没車は、廃車にするしかないと思っている方も多いと思いますが、廃車にする前に買取店の査定を受けてみてください。水没などで動かなくなった不動車でも、買取額がつく可能性があります。

事故車や水没車は、車としての機能が大幅に損なわれていますから、そのままでは誰も買わないと思うのも当然のことです。しかし、車としての価値はなくなったとしても、その車のパーツにはまだまだ価値が残っているものです。

廃車専門の買取業者がいるくらい、廃車には価値があります。

廃車にするような車を買い取った業者は、その車を解体して、それぞれの部品を中古のパーツとして販売します。販売先は、日本国内はもちろんのこと、東南アジアなどの海外にまで広がっています。

つまり、廃車寸前の事故車や水没車であっても、中古パーツとしての価値がある限り、買う人がいるということです。

ポイント
また、事故車などを修復して動くようにしたうえで、国内や海外で販売するということも行われています。海外の場合なら、日本の車は丈夫で長持ちするので人気があり、欲しい人も大勢いるようです。海外の人は、その車が事故車や水没車であったことなど、あまり気にしないのかもしれません。

ですから、事故車や水没車を廃車にしようかと思っているのなら、その前に、いくつかの買取業者で査定を受けてみてください。思いがけず、値段が付いたということもありますので。

事故車や水没車を廃車にするのに必要なお金

車を廃車にする場合は、車を解体して鉄クズやプラスチックなどの部品にしますが、この解体のためにお金がかかります。また、車の登録抹消手続きを代行してもらうための費用がかかります。

これらの解体費用と手続き代行費用を合わせて、一般的な目安として1万~2万円程度のお金が必要になります。

廃車にするのにも金がかかるのですが、先の買取業者に買い取ってもらえば、これらの費用を自分で負担する必要がなくなるばかりか、うまくすれば、意外と高い値段で売れることがあるかもしれません。

もし、あまりよい値段が付かなくとも、廃車費用と事務手数料分くらいになれば、自分で廃車にするよりも得をすることになりますので、一度、査定を受けてみると良いでしょう。