高額査定を得るためには車内清掃がかかせない

車を売るときは、少しでも高く買い取ってもらいたいものです。

では、どうすればお金をかけずに、高額査定をかちとることができるのでしょうか?

お金をかけるのであれば、キズや凹みは修理に出して直し、車内などの汚れはクリーニング業者に依頼して清掃してもらえばよいのですが、これでは費用がかかりすぎますから現実的ではありません。

ですから、あくまでも、お金をかけずに自分でできる範囲のことを行い、高額査定を得られるようにしていくことになります。

査定士の印象しだいで査定アップも望める

車の全体的な印象を良くしていけば、思わぬ高額査定が付くこともあります。

査定士に「キレイな車だな」「大切に乗ってきた車だな」「売れそうな車だな」と思ってもらえれば、通常よりも査定額をアップしてもらえることがあります。

ポイント
そのためには

  1. 洗車して外観をキレイにしておく
  2. 車内を清掃や整理してキレイにしておく
  3. タバコなどの臭いは消しておく

といったことが大事になります。

洗車については、基本的に査定項目にあるわけではありませんから、洗車してあるからという理由で査定がアップすることはありません。あくまでも、査定士によい印象を持ってもらうというのが目的になります。

洗車をすることで、ボディのキズが目立ち査定がダウンするのではないかと考えるかもしれませんが、いくら目立たなくしておいても、相手は査定の専門家ですから、いずれはバレてしまいます。

注意
ですから、へたに隠そうとせず、キレイにして、ありのままの状態をみてもらった方が得策ということです。車は長年乗っていれば、多少のキズや凹みはできてしまいますから、あまり気にする必要はないでしょう。

車内の清掃や整理をしておくことも大事です。車内が汚れている状態は、査定士の印象を悪くすることになりますので、自分でできる範囲の掃除をしておくことです。また、ちらかった車内は、あまり気持ちのいいものではありませんから、ゴミや散乱している物などを片付けておくことも大事です。

臭いは査定ダウンにつながります。臭いと言えば、タバコ、ペットなどが考えられますが、こういう臭いがする車は、中古車として市場に出しても売れません。ですから、その臭いをとってから売ることになるのですが、それにはコストがかかります。

そのため、臭いのする車は大幅に査定で減額されてしまいます。

臭いも、専門のクリーニング業者に依頼する必要はありませんが、自分のできる範囲で取り除いておく方がよいでしょう。

関連)タバコの焦げあとやシートに破れがあるとマイナス査定になる