事故車を高額査定で買取してくれる業者はあるの

自分の大切な車が、突然の事故で壊れてしまったらどうしますか?まして重要な部分が壊れ、事故車という扱いになってしまったらどうしますか?

なお、電柱にぶつけてバンパーが凹んだとか、車庫入れで擦ってボディに擦り傷と凹みができたなどと言うのも事故に変わりはありませんが、事故を起こした車がすべて事故車と呼ばれるのでありません。

注意
ここで言う事故車とは、車に大きな力が加わることにより、車の重要な骨格部分やフレーム部分などに損傷を受け、修理や交換をした車が「事故車」となります。

たとえば、車同士の正面衝突事故で車が大きく破損したとか、電柱やブロック塀に突っ込んで車が大破したような事故の場合が考えられると思います。

事故車の修理代はかなりの額が必要になる

このように、車が大破してしまった場合、車種や壊れた部位の破損程度にもよりますが、修理代が数十万円~数百万円もかかることがあります。

たとえば、下記のように破損した場合は、100万円程度の修理代がかかります。

ポイント
もし、こいう状態になってしまったら、廃車にしようか修理しようかと迷うことだと思います。廃車にするにも、それなりの費用がかかりますから、もう乗ることができないのに廃車費用が必要になるのですから、なんとなく大損したような気持ちになるものです。

かと言って、車の買取業者に売ろうにも、事故車ですから買い取ってくれる業者があるものなのか?もし、買い取ってくれる場合でも、どのくらいの金額になるものなのか?分からないのも事実だと思います。

事故車を買取してくれる業者

事故車と言っても、交通事故を起こして大破した車や、大雨や洪水によって水没してしまった車、エンジンが壊れて動かなくなった車などがありますが、こうのような「不動車」を専門に買い取る業者があります。

こういう業者は、買取した車を海外などに持って行き販売しますから、日本国内で売れないような車でも買取してくれます。

日本の車は、海外では「丈夫で長持ちする車」として人気がありますので、修理すれば売れるようになるのです。また、その車の部品にも価値があって、既に海外で走っている車へ部品を供給する目的でも使われます。

ポイント
買取価格は、車種や年式、グレードなどによって異なりますが、比較的新しい車であれば数十万~数百万で買い取る場合もあるようです。廃車にする場合は、3万円程度の費用がかかるのに、事故車の買取業者に売れば、数万円や数十万円、あるいは数百万円で売れる可能性があるのです。

ですから、事故車だから廃車しかないなと思っているのなら、一度、事故車専門の買取業者へ査定を依頼してみると良いでしょう。

その業者に売るか売らないかは、査定を受けてみて決めても良いわけですから。

参考までに、中古車市場で事故車は「修復歴あり(=事故車)」と記載されて販売されている車のことです。

注意
なお、自動車事故を起こしたことのある車でも、車の重要な骨格にあたる部分やフレーム部分を修理していなければ「事故車(修復歴あり)」とはなりません。事故による小さいキズや軽いへコミなどを修理してある車は、「事故車」とは言いませんので注意してください。