事故車の下取りは買取店の買取額より安くなるの

事故車を下取りに出して新しく車を買う場合、ディーラーでは下取り(買取)価格が付かないことが多いようです。つまり、その車の下取り査定額が0円とういうことです。

下取り額が0円とならない場合でも、新車の値引きを調整して下取り10万円などとしていることもありますから、この場合なら、結局、下取り0円と同じことになってしまいます。

それなら、いっそのこと廃車にしてしまおうかと思っても、今度は、廃車にするために数万円の費用がかかってしまうこととなり、八方塞がりの状態になることも珍しくありません。

事故車を売るのは事故車の買取専門業者へ

ポイント
まず、最初に確認しておきたいのは

事故車というのは、事故などで車の骨格にあたる部分や、フレーム部分に損傷を受け修理や交換をした車ということで、中古車では「修復歴あり(事故車)」と記載されて販売されている車のことです。少しキズや凹みがついて修理したというような車は、事故車ではありません。

ですから、自動車事故を起こした車がすべて「事故車」となるわけではありませんので、注意してください。

このように破損してしまった場合、修理には数十万円程度の費用がかかりますから、この車を修理して乗ろうか、廃車にして新しい車を買おうかと悩むこともあると思います。

考えたあげく、下取りにだして新しい車を買おうと思っても、「ディーラーの査定が0円」では困ってしまいます。

ディーラーで査定し0円だったとしても、このような車に買取額が付かないというわけではなく、むしろ事故車を積極的に買い取ってくれる買取専門店もあります。

ポイント
ですから、車を売却するときは、その車の状態に合わせて

  1. 事故車なら、事故車専門の買取店で売却
  2. 普通の中古車なら、ディーラーで下取り、または通常の中古車買取店で売却

という具合に分けて考えると良いでしょう。

事故車は中古車販売店に展示していても、売れにくい商品ですから、一般の中古車買取業者では買い叩かれることになりますが、事故車専門の買取店では、その車の販売先が海外なども含めていますので、高額で買い取ってくれることもあるのです。

また、廃車同然で動かない車であっても、買取査定がつくこともあります。その車は動かない不動車であっても、部品には価値がありますから、中古のパーツとして、やはり海外などに売れることになります。

注意
事故車がディーラーで0円と言われたら、一度、事故車専門の買取店で査定を受けてみると良いでしょう。自分で思っていたよりも、高い値段で買い取ってもらえるかもしれませんので。