自動車税の納税証明書を紛失したが買取してもらえるの

自動車税の納税証明書を紛失した場合は、車を売ることができませんので気をつけましょう。

ただし、自分の車の現在の価値が知りたいということもあるでしょうから、その場合なら、自動車税の納税証明書が無くても問題ありません。つまり、査定を受けるだけなら、納税証明書がなくても受けれるということになります

ポイント
毎年、4月~5月にかけて送られてくる「自動車税の納付書」ですが、支払った後の納税証明書は、車検証や整備手帳などと一緒にダッシュボードにしまっておくなどしますが、万一、無くしてしまった場合は、再発行の手続きをしておくと良いでしょう。

車検を受ける際にも必要になるので、気がついた時点で手続きをしておいてください。

車を売る場合は自動車税納税証明書が必須

車を売る場合には、自動車税納税証明書は必須となりますので、該当の機関で手続きをしてください。

  1. 普通車の場合は都道府県の税事務所で手続き
  2. 軽自動車の場合は市区町村の役所にある納税課にて手続き

なお、自動車税を納税した後に、他の県などに引越しをした場合は、自動車税を納めたときの住所を管轄する税事務所に申請しなければなりませんので、注意してください。引越し先が遠方の場合は、郵送などでも手続きができます。

郵送の場合は、再発行手続きに必要な申請書をインターネット経由でダウンロードすることができますので、利用すると良いでしょう。都道府県や税務署のホームページで申請書(PDF形式)をダウンロードできます。

また、車を売る場合には、次の書類も必要になりますから、車検証などと一緒に保管しておくとよいでしょう。

  1. 車検証
  2. 自賠責保険証書
  3. 自動車税納税証明書
  4. リサイクル券

リサイクル券が無い場合も再発行が可能ですから、手続きしておいてください。

関連 車を売るときに必要な書類