車を売るときに必要な書類

車の査定も無事に終了し売却先が決まれば、今度は売却するために必要な書類を用意しなければなりません。売却のための各種の手続きは、買い取り業者などが行ってくれますが、関係書類は売主が用意する必要があります。

車を売る場合には、その車の名義を変更しなければいけませんので、用意する書類は主に車の名義人を変更するための書類になります。

なお、売却時には買取業者から「こういう書類を揃えてください」と言われますので、その通りにすればよいと思いますが、一般的には次のような書類が必要となります。

ポイント
用意する書類は以下の通りです。

  1. 車検証
  2. 自賠責保険の保険証券
  3. 自動車税の納税証明書
  4. 譲渡証明書
  5. リサイクル券
  6. 実印と印鑑証明

車検証や自賠責保険の保険証券は、車に常に積んであると思いますので、紛失などしていないか確認して準備しておいてください。なお、自賠責保険の保険証券を紛失したなどして見当たらない場合は、保険会社に連絡して再発行してもらいます。

注意
自動車税の納税証明書が無ければ車を売却できませんので、納税後には大切に保管しておいてください。大事にしまいすぎて、どこにあるのか分からなくなった場合は、都道府県の自動車税事務所で再発行してもらいます。

軽自動車の場合は、居住する地域を管轄する区役所や市役所などの納税課で申請すれば、再発行してもらえます。

譲渡証明書は、車の名義変更をするのに必要な書類ですが、通常、買い取り業者などが用意していますので、それに記入・捺印(実印)することになります。この譲渡証明書に印鑑証明(発行から3ヶ月以内のもの)を付けて買い取り業者に渡し、名義変更の手続きをしてもらいます。

リサイクル券は、「自動車リサイクル法」によって定められたリサイクル料金が、支払い済みであることを証明するための書類です。

万一、リサイクル券を紛失してしまった場合は、自動車リサイクルシステムのホームページの「自動車リサイクル料金の預託状況」を印刷して代用すれば大丈夫です。リサイクル券の再発行は行われていませんので、この対応になります。

用意しておく書類は上記の通りですが、売却代金が口座振込になる場合は、銀行名、支店名、口座番号などが記載されている通帳かキャッシュカードも準備しておくと良いでしょう。

また、車検証に記載されている住所と、印鑑証明に記載されている住所が異なる場合は、住民票が必要になります。