自動車事故による評価損(格落ち)とは

事故で車に損傷を受けた場合、小さいキズや凹み程度であれば、修理に出すことでほぼ元の状態に戻ります。

しかし、事故の衝撃が大きく、車の骨格部分やフレーム部分を損傷してしまえば、修理して外見上は元の状態に戻ったとしても、事故前のような状態に完全に修復されることはありません。

ポイント
車の重要な部分に損傷を受け修理や交換などをした車は、中古車市場におけるその車の価値が大幅に下がることから、一般の中古車と区別する意味で「事故車(修復歴ありの車)」と呼ばれ、かなり安い値段で取引されることになります。

このように、事故によって失われた車の価値を「評価損」とか「格落ち」と言いますが、この評価損も自動車事故の損害として賠償請求できることになっています。

評価損を請求する場合は

事故の損害を請求する場合は、車の修理費や、ケガをしたのであればケガの治療費や入院費を請求するというのが一般的ですし、社会の慣習からしても、請求するのが当たり前と言うことができます。

しかし、この損害請求のなかに、車の評価損を含めるという考え方は、今までの例からして馴染のないものかもしれませんし、また、広く一般に認知されているものでもないようです。

注意
ですが、近年、裁判所などでも評価損の請求を認める判例が出ていますので、事故で車に損害を受けた場合は、倍賞請求を検討してみると良いでしょう。

ただし、評価損を請求された保険会社は、この請求を認めようとしませんので、最終的には弁護士に依頼し裁判によって認定してもらうしか道はないのかもしれませんが、請求する側は、根拠となる書類を揃えて保険会社や加害者と交渉していくことになります。

この時の根拠となるのが、公的な機関の一般財団法人日本自動車査定協会が発行する「事故減価額証明書」です。

参考)一般財団法人日本自動車査定協会(JAAI)

この事故減価額証明書は、事故の前と後で、どれくらい査定額に開きがでるかを専門の査定士に査定してもい発行してもらいます。事故後は現車がありますから査定できるのですが、事故前の状態はわかりませんから、あくまでも事故が無かったと仮定したときの状態となります。

事故減価額証明書を取得するには

上記の「日本自動車査定協会」に連絡して、査定の受付をします。日本自動車査定協会の支所は、全国各地にありますので、最寄の支所へ詳しい内容を問い合わせることができます。

査定基本料金は、軽自動車で5,400円、普通車で7,020円~9,720円と車種によって異なっています。(料金は東京支所から引用-2017.6.13時点)

ポイント
なお、日本自動車査定協会は全国各地の裁判所から、係争時における中古車価格の鑑定人として指名を受けている機関ですから、そこの発行する「事故減価額証明書」は公な機関からの書類ということで、根拠としては十分な能力を発揮するものと思われます。

つまり、修理費に加算する事故減価額は、査定協会の発行する「事故減価額証明書」が根拠となります。