車のローンが残っていても買取してもらえる

車を買う場合は、普通ローンで購入する場合が多いと思います。この場合、車の所有者はディーラーや信販会社になっていますので、通常であれば、このような他人名義の車を勝手に売買する事はできません。

所有者がディーラーや信販会社になっている場合は、一度、所有者をディーラーなどから自分の名義に変更してからでなければ売ることができません。そのためには、現在残っているローンを一旦全額支払ってしまう、またはローンを組みかえて一旦清算する、といった手続きを済ませなければいけません。

ポイント
つまり、ローンが残っている場合には

  1. ローンの残債を一括で支払完済にする
  2. 車を売った代金の中から残債を清算する
  3. 別途新たにローンを組み残債を完済する

これらのどれかの手続きを済ませてからでなければ、ローンの残っている車は売ることができません。

ただし、ディーラーなどのローンではなく、銀行から車を購入するための自動車ローンを借りた場合は、車の所有者が「本人」となっていると思いますので、この場合なら、その車の所有者は自分なので、ローンが残っていても売ることはできます。

ローンが残っていても買取してもらえる

では、実際にはどうかと言うと、ローン中の車でも殆どの買取店で買い取ってくれます。この場合、売った車の代金で残りのローンを支払ってしまいます。

ローン残高よりも売却代金の方が多ければ、その差額を受取る事ができます。

また、逆に買取額よりもローンの残債が多い場合は、差額分を一括で支払う、または買取店で用意しているローンを組んで支払う、自分で銀行や信販会社でローンを組んで支払うなどの方法をとる事になりますが、ローン残高分を全額用意することはなくなりますから、残りローンの返済も楽になると思います。

注意
なお、ローン残高を清算するための手続きは、買取店で手続きを代行してくれるサービスを行っている場合が殆どなので、売却のための手続きなどで時間を取られることは少ないでしょう。