車の下取りと買い取りはどちらが高く売れる

新しい車に買い換えるときは、いま乗っている車を販売店に下取りしてもらう、または車の買取専門店に買い取ってもらう、というように今の車をどうするか決めなければいけません。

では、下取りしてもらうのと、買取してもらうのとでは、どちらが高く売れるのでしょうか?つまり、どちらの方が得をするのかという事です。

ポイント
一般に言われているのは、下取りよりも車買取店の方が高い査定額となるようで、下取り提示額よりもかなり大きな金額になることが多いようです。

どちらが良いかは全体をみて判断する

たとえば、新車を購入するために今乗っている車を下取りしてもらう場合は、その新車の価格と値引き額、下取り額チェックしてみなければいけません。
仮に、新車の価格が200万円、値引き額が20万円、下取り額が30万円だとすると、今の車は30万円で売れたという事になり、損得で考えるならば、値引き額とあわせ50万円の得をしたことになります。

注意
これが、買取専門店で買い取ってもらう査定をしたところ、買い取り額が40万円であれば、今の車の売却額だけをみると買い取り店の方が10万円も高く売れたと言うことになります。

単純に買取額だけを比べると、買取専門店の方が高くなっていますが、新車の販売店が下取り無しでどれくらい値引きをするかをチェックしてからでなければ、全体として考えた場合にどちらが得するかは分かりません。

ポイント
まとめてみると

  • 販売店=値引き額20万円+下取り額30万円=50万円
  • 買取店=販売店の値引き額(20万円)+買取額40万円=60万円

という計算になりますが、販売店が下取りの車が無い状態で、どれくらい値引きするかによって、どちらで車を売れば得するかが分かります。

つまり、買取店に売却した方が高く買い取ってもらえたとしても、新しい車の購入費用全体が高くなってしまえば、買取店に売る意味が無くなってしまうので、下取り額や買取額だけをみて判断せず、購入費用の全体をみて判断することが大事になります。

また、車の買取査定をしてもらう場合も、1社だけで査定してもらうのではなく、複数社に査定依頼できるようなネットサービスを利用して、最も高く買い取ってくれる業者を探すことも大事です。