事故車は修理してから売る方が査定額は高くなるの

事故車を売るときに、修理してから売るのか修理せずにそのままの状態で売るのかということですが、結論から書くと「修理しない状態で売る」方が、得をする可能性が大きくなります。

それは事故車を修理したからと言って、査定額が高くなるとは限らないということです。

まず、事故車(修復歴ありの車)というのは「車の骨格部分やフレーム部分を修理したり交換している車」ということで、バンパーを交換したとか、ドアやボディーの凹みを板金塗装などの修理した車は「事故車」とはなりません。

交通事故を起こしているから「事故車」というわけではありませんので、間違わないようにしてください。

参考までに、修理や交換すると事故車(修復歴ありの車)となるのは以下の部分です。

  1. フレーム(サイドメンバー)
  2. クロスメンバー
  3. インサイドパネル
  4. ピラー
  5. ダッシュパネル
  6. ルーフパネル
  7. フロア
  8. ラジエータコアサポート
  9. バックパネル

聞きなれない用語が並んでいますが、専門的な表現ではこういう部分になるそうです。

事故車はそのままの状態で査定を受ける

事故車は車の一番重要な骨格やフレーム部分に損傷を受けた車ですから、その修理のためには修理代がかなりかかってしまいます。そして、修理から上ってきても「事故車(修復歴ありの車)」というレッテルが貼られてしまうので、査定額は大幅にダウンしてしまいます。

ですから、事故車を修理してから査定しても、その査定額が修理費用よりも安くなってしまう事が考えられるのです。このことからも、現状のままで査定してもらった方が、修理費用などを用意する必要もありませんし、結果として得をする場合の方が多くなります。

実際に査定してもらったときに、事故車だから査定額ゼロと言われることもあるようですが、このような状態でも、査定をゼロ円以外で付けてくれる買い取り業者があるかも知れませんので、1社で値が付かなくても、いくつかの会社で査定してもらうことです。

注意
また、事故車ばかりを専門に買い取ってくれる「事故車専門買取業者」もありますので、自分の車が事故車になってしまったので売ろうと考えている場合は、そういう事故車専門の買取店の方が、話は早く進みますし、買取査定額も高くなる可能性が大となります。

もちろん、こういう事故車買取専門店に車を売却する場合も、修理やパーツ交換などは一切せず、そのままの状態で査定を受けるのが基本です。