車を査定してもらう時に洗車や清掃をしておくと査定額は上るの

車の査定をしてもらうときに、洗車と車内清掃をしておくと良いと言われていますが、洗車と車内清掃をしておくことで査定額は上るのでしょうか?

確かに、車の査定業者のホームページなどでも、「査定の時に車の内装や外装の状態が査定ポイントに影響する」と書かれていますので、洗車や車内の清掃を査定前に行っておくと、あたかも査定額がアップするかのような期待感を持ってしまいます。

注意
しかし、基本的には「洗車」や「室内清掃」が、査定結果にプラスの影響を及ぼすことは無いと考えておいた方がよいでしょう。ただ、洗車や清掃をしてキレイな状態の車になっていれば、査定士の印象がよくなるのは確かなことだと思いますので、もしかしたら、車の全体的な質感が向上したという理由で、査定にプラスアルファがあるかもしれません。

洗車や清掃をしておくと印象は良くなる

車の室内に関しては、汚れた室内状態よりも綺麗に清掃された室内の方が、査定時の印象が良くなることは想像できますから、査定前に室内のシートや床、天井部分、トランクなどに掃除機をかけるなどして、綺麗な状態にしておくと良いと思います。

また、洗車についても、車の外装を綺麗にしておくことで、大切に乗ってきた車という印象を与えることができますから、これも査定前に行っておくと良いでしょう。

注意
ただ、洗車をすることで、キズや凹みが目立ってしまいますので、小さなキズ程度であればコンパウンドで磨いてキレイにしておくと良いと思います。少し手間をかけてあげるだけで見た目の印象(質感)が良くなるので、面倒かもしれませんが行っておくことです。

なお、キズが大きい場合や凹みなどは、自分で修復することは難しいので、修理工場などにお願いしなくてはいけませんが、これは修理のために費用がかかってしまいますので、やらない方が賢明です。

あと、車内の臭いには注意しなくてはなりません。

車の臭いは、所有者本人にはあまり気にならないものです。代表的な車内の臭いは、タバコやペットの臭いが考えられますが、清掃やクリーニングをしても消えないような臭いがあるなら、査定ポイントはマイナスとなってしまいます。

ですから、タバコやペットの臭いなどが気になるようなら、普段から小まめに清掃・クリーニングすることが大切です。また、査定の前に臭いが気になるようなら、消臭剤をまいて車のドアを開け、天日干ししておくと良いと思います。

こうすることで、ある程度は臭いが消えてくれるでしょう。