車を査定してもらう時にキズや凹みを直してからの方がいいの

車の査定をしてもらう時に、車体にキズや凹みがあると査定額は下がってしまいますが、車も長年乗っていると、走行中に小石を跳ね上げて小さなキズができたり、洗車時に細かいキズがついたりするものです。

どんな車も日常的に使っていれば、細かいキズなどは当たり前にできてしまいます。

ですから、あまり気にしないというのが基本で、そのキズや凹みを直すために修理業者などには依頼しないことです。

ポイント
小さなキズ程度であれば、自分でコンパウンドなどを使って磨くだけで、ある程度はキレイになりますので、ちょっと目立つなと思ったら磨いてみると良いでしょう。

車の評価は業者によって異なる

ある程度キレイにしておくことで、車の全体的な質感が向上し査定額が上る可能性はあります。車の査定では、車種・年式・グレードによって買取額の基準が設けられていて、それをベースとして査定を行っていくのですが、外装の細かいキズや凹みなどに関しては、個々の業者によって評価が異なります。

車の全体的な質感が向上していることで、プラスとする業者もいますし、特に何も評価しない業者もいます。

そのため、外観をキレイにしたからといって、査定でプラスになると言うことではなく、その可能性があると考えておいた方が良いでしょう。

注意
なお、大きなキズの補修は、素人では無理な部分がありますので、これは止めておいた方が無難だと思います。自分でやって、かえって見た目を悪くしてしまえば、査定にも影響することになりますので、気をつけてください。

また、大きなキズがあるからと言って、修理業者へ依頼するのも止めておいた方が良いでしょう。修理費用は安く見積もっても数万円程度はかかりますが、この額以上を査定で取り戻すのは難しいからです。

ボディなどの凹みについては、そのまま査定を受けた方が無難です。凹みは自分で補修するのは困難ですから、そのままというのが基本です。直したからといって、査定額が上るとは限りませんので。

査定を受けるときは、洗車、車内・トランクなどの清掃、タバコやペットの臭いに気をつける必要がありますが、あくまでも自分でできる範囲にとどめておくことです。

過度に手を掛けすぎても、あまり査定額に影響することはありませんので、軽く洗車して清掃して臭いとりをしてという作業をしてから査定を受けると良いでしょう。

査定をする人も人間ですから、キレイにしてある車なら印象もよくなりますから、査定に影響することもあるでしょう。